Service

煩わしい不動産売却の手続きを群馬でお手伝いいたします

お客様のご要望にお応えする不動産取引をご案内しています

不動産の売却に特化して取り扱い、携わる全ての方にとってより良い取引が実現するようサポートしております。不動産売却を検討される理由はお客様によって様々です。転勤で今の住まいに住み続けられない方、住み替えを検討されている方、また、相続によって引き継いだ空き家物件の活用についてお悩みの方など、幅広くご相談を承っております。所有されている物件の売却について検討したいけれど、何から始めれば良いかわからないと悩まれている方にとっての力強い味方になりたいと考え、群馬でご相談をお受けしております。

物件の有効活用を目指して不動産売却を群馬で行います

不動産の売却に関するご相談を中心に取り扱い、そこに携わる全ての方にとってのより良い不動産取引が実現するようご案内しています。お客様にとっての大切な資産である不動産を、できる限りご要望に沿った形で有効に活用できるようにサポートいたします。売却相談を中心としてご相談を承りますが、まずはその物件の価値を正確に見極め、売却を含めてより良い有効活用の方法は何かを総合的に判断したご提案をするよう心がけております。

売却への踏ん切りがつかないとお思いの方、先々のために話だけ聞いておきたいと思われる方など、まずはお気軽にご相談ください。売却方法や手続きは、知識と経験を豊富に積んだスタッフがご案内いたします。地域に根ざして営業し、不動産物件の売却を専門的に扱う中で培ったノウハウを駆使してご案内いたします。

相続に関わる不動産売却のご相談を群馬で承っております

相続に関連する不動産のお悩みをお持ちのお客様のご相談も承っております。売却を検討されるお客様には、まず所有される物件の査定を迅速かつ正確に行った上で、どのように売却するのが将来的に見て一番良いのかを、土地や建物の状態に合わせてご提案いたします。そして、実際にどのように売却の手続きを進めて行くのがよいかを具体的にご提案し、お客様のライフプランやご要望に合わせて臨機応変に対応いたします。

不動産はその地域性や購入を希望される方によって、お客様のニーズが多様化している時代です。相続税対策での不動産活用や相続によって引き継いだものの管理に困っている物件など、相談をどこへ持ち込めばいいのか迷われていらっしゃる方は少なくありません。不安な点や、ご質問など、何度でも分かりやすくご説明いたします。

空き家のお悩みに群馬で不動産売却などのご提案を行います

相続や転勤などの事情から、空き家を所有したまま持て余している方は意外と多いです。空き家のお悩みは専門家に相談することで、余計な時間を取られることなく、売却などの方法で有効活用できます。空き家の活用方法は多岐にわたるため、選択に悩まれる方も多いのが現実ですが、まずはお客様が抱える空き家のお悩みを詳しくお聞かせください。放置していた状態でも適切な処理をすれば、家は生き返ります。思い出のある家をまた輝かせ、空き家ならではの利点を最大限活かす有効活用の方法をご提案いたします。

売却や賃貸など、空き家をどのようにすればより良い活用法となるのかは、所有する物件の立地条件や家の状態によって変わります。専門家としてのノウハウや地元のネットワークを活用し最適な解決策を導きだします。

相続によるご売却
  仲介 買取
売却価格

高値売却なら仲介がおすすめ

売出し価格の決定はお客様自身で出来るので、
高値での売却も期待できます。

市場価格を下回る

業者買取の場合には市場価格の6割前後の場合が多く、
仲介の場合より低くなることが一般的です。
売却期間

長期になる場合も

一般的には3ヶ月程度が目安となりますが、 物件の状況や市場価格より高すぎる価格の場合には長期となる可能性があります。

早期売却なら買取がおすすめ

最短で2週間程度での現金化も可能なため、
相続税納付のための現金化にも安心です。
売却費用

仲介手数料が発生

仲介手数料が最大で物件価格の3%+6万円+消費税が発生。
その他必要に応じて測量費用や解体費用なども。

仲介手数料不要

不動産業者が直接買い取りの場合は仲介手数料不要です。
その他測量費用や解体費用などは仲介時と同様に発生します。
プライバシー

第三者が内覧されます

仲介の場合は、
多くの購入希望者が部屋を見学しにこられます。
第三者に部屋の中をみられることが心理的な負担になることも。

不動産業者のみ

購入希望者の見学はないため、
見知らぬ人に部屋の中を見られることや、時間的拘束も少なく安心です。
任意売却
  任意売却 競売
売却価格

市場価格に近い価格

市場価格に近い価格で売却できることが多く、各種滞納金なども債権者より一部控除が認められる場合も。

市場価格を下回る

市場価格の7割前後の場合が多く、
各種滞納金については控除されません。
プライバシー

裁判所による公告なし

通常の不動産売却と同じ方法を取るため、
裁判所の公告などにより周囲に事情を知られずに売却可能。

裁判所による公告あり

裁判所の権限により新聞やネット上に公告等がされるため、
近所や職場に知られる可能性が高い。
自宅に住み続ける

住み続けることも

親族間売買や投資家に購入してもらい、
リースバックしてもらう方法がある。

明渡命令により強制退去

裁判所から明渡命令が出されるため、
不法占拠者として追い出される可能性も…
引越

引越費用の確保ができる

債権者や購入者との交渉で、引越費用を確保することができる。
また、引越日も協議により決められる。

引越費用は持ち出し

立退料が支払われるケースはほとんどない。
引越日も明渡命令により強制的に決められてしまう。
空家・空地活用
  売買 賃貸
収益性

一度にまとまった収入

売却をした場合にはまとまった収入が発生します。
所有者が複数名の場合にも適しています。

給与等以外の継続収入

家賃や地代などといった安定的な収入となります。 所有者が複数名の場合には適していません。
コスト

持ち出しが少ない

売却時にかかる仲介手数料などが発生しますが、
多くの場合には売買代金から支払うため持出しが少ないことがメリットです。

初期コストがかかる場合も

賃貸とする場合には、リフォームを行ったり、
駐車場として整備をするなど初期投資が発生する場合もあります。
維持管理

維持管理はほぼなし

売却活動中の維持管理は発生しますが、 売買が成立した後は当然維持管理は一切ありません。

必要に応じて管理会社に委託

賃貸期間中には維持管理はもちろんのこと、設備のメンテナンスや固定資産税等も発生するので管理コストがかかります。
所有権

所有権は残りません

売却が決まった場合には所有権を買主に譲渡します。
精神的に負担と思われる方も。

所有権が残る

賃貸期間中であっても所有権は残ります。
後々ご自身で利用したり幅広く活用できます。